保険取扱い

<国民の方へ>

 鍼灸マッサージは、保険を使うことで経済的負担を軽減しながら、健康を手に入れる

ことができます。

  ◆鍼灸の保険適用疾患名は次の6種となります。

    「神経痛、五十肩、リウマチ、腰痛、頚肩腕症候群、頸椎捻挫後遺症」です。

 ◆マッサージであれば、「関節の硬縮、筋萎縮」などに適用されます。

 ただし、鍼灸・マッサージいずれも、保険適用のためには医師の同意書が必要です。

 詳しいことは、お近くの鍼灸マッサージ治療院にお問い合わせください。

 

<鍼師・灸師・マッサージ師の方へ>

 ◆保険を用いた治療をしてみたい方は、入会して一緒に勉強しませんか?

  自由診療では患者さんの治療頻度により、病気の回復の様子が判断しにくいです

    が、保険を使うことにより治療回数も多くできるため、病気の回復状態がわかりや

    すくなる利点があります。

 ◆入会されますと、責任を持って保険が取り扱えるようアドバイスや講義を致しま

    す。入会についての詳細は、「役員紹介」のページをご参照いただきお問い合わせ 

    ください。

 保険診療を普及することは、東洋医学である「鍼・灸・マッサージ」が、より一層国民権を得ることにつながります。

 なおかつ、保険適用させることで、患者さんの経済的負担を軽減しながら健康増進に

貢献することができます。

 

安心のマーク